給与額と現実の仕事

chocolate00    , ,   -

給与額と現実の仕事

同業の者で「家族のコネでシステムエンジニアを退職してこの業界に転職してました。」という者がいる。この人に言わせるとSEをやっていたほうが百倍は仕事が楽なのだとか。
まさに知らない電話番号や通知なしで電話が鳴ると不安を感じる心理は理解できますが、それにぐっと耐えて第一に自らの名前を告げるべきでしょう。ほとんどの人が名前を先に告げないだけに、これができれば印象がグッと良くなりますからね。
企業というものは雇っている人間に全ての収益を還元してはいないのです。給与額と比較して現実の仕事(必要労働)というものは正味実施した仕事の半分かそれ以下程度でしょう。
やはりわが国のトップの技術の大半が地方の中小企業の町工場で生まれていることは有名。また、賃金とか福利厚生についても十分であるとか、今まさに上昇中の企業もあるのだ。
【退職の前に】離職するという覚悟はないけれど、うまく月収を増やしたいような場合なら、まずは資格取得にチャレンジするのも有効な手法かもしれないのだ。